2014-04-13-15.31

愛してその悪を知り、憎みてその善を知る

愛憎の感情にかられて理性を欠くことなく、物事の善悪、長所短所を冷静に見極めるべきであるという教え。

1番、人間の判断を狂わせてしまうのが、この愛憎の感情です。

一時の反応で、やってしまう人も多いでしょう。

しかし、愛憎で人や物事を判断してしまうえば、結局損をするのは大体自分であることが多いのです。

そういう時はちょっとトイレにいったり、一服したり、その日は判断しなかったりと自分を冷静に保つための方法を持っておきましょう。

とはいっても難しいものです。

ただ、知っているか知らないかでは大きく違います。

この言葉を胸に秘めていれば、そうなった時に対処できるのではないでしょうか。

座右の銘にしたい言葉ご紹介ブログ

意味がわかるととても共感が持てました。