記憶時が経つにつれ、
大切な思い出はかき消されていく。
幸せも、喜びも、
悲しみも、苦しみも、
いいことも、悪いことも。

思い出を選ぶことや
優先順位を決めることすら許されず、
ある日突然無情にも記憶から消されるものである。

思い出を忘れることすら忘れてしまった自分に
苛立ちを覚える反面、
年を刻んできた証だと自分に
言い聞かせてみる。

でも、これだけは言える。
思い出が消えることがあっても
一緒に過ごした記憶だけは
生涯忘れることはない。